読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刺草の雑記帳

好きなもののことを書き留めるブログ。刺す草と書いて「いらくさ」。

ダウジングはじめました

ポケモンのゲームをやったことがある人なら、ほぼ間違いなくダウジングマシンのお世話になったことがあるだろう。私は洞窟や浜辺でアイテムを探すのが好きだ。しんじゅやほしのかけらが見つかると、換金するしか使い道のないアイテムなのに妙にうれしい。

そんなわけで、昔からちょっと興味のあった「ダウジング」。ゲーム同様、見えないところ(地中など)にあるものを探す方法であり、占いに使ったりもする。

 

今年の春ごろから、とあるアニメの影響で、ダウジングの道具の一種であるペンデュラム(振り子)が気になっていた。主人公が身に着けている、銀色の鎖につながれて揺れる水晶っぽい石。色からするとアクアマリンやアクアオーラあたりだろうか(たぶん謎のパワーとか持った人知を超えた石だと思うが)。それが揺らぐさまが綺麗で。

ああいうの欲しいなあと思ってしばらく探してみたが、なかなか好みのものが見つからない。悩んだ末、まずは使い方を覚えることにして、ペンデュラムが付属するダウジングの入門書的な本(奇蹟 ダウジング占い―未知なる力を導く振り子パワー)を買ってみた。

 

その本を読みつつ、ここしばらくダウジングの練習をしている。ペンデュラムに向かって、答えが明白で、イエスかノーで答えられる質問をなげかけてみたり、ちょっとしたこと(季節の変わり目なので体調に関連することなど)を尋ねてみたり。

ペンデュラムは思いのほかすんなり動いてくれて、オジギソウの葉を触ったら期待通り閉じてくれたときのような小さな感動を味あわせてくれた。

答えがわかっている質問にはだいたい正しい返答があるが、私が答えを知らない質問の正答率についてはまだなんともいえない。携帯が行方不明になった時にダウジングの出番だと意気込んだが、さてどこから探そうかと辺りを見回した瞬間に自力で発見してしまったし。

 

小さい頃、星占いやらタロットやらおまじないやら、不思議なものに関心があった。

けれど占いをするには悩みがなく、おまじないをするには願いがなくて、結局きちんと習得することはなかった。手段を学ぶ手立てはあっても目的がなかったわけだ。特別強く求めるものは今もない。占いなどは(私はそう豊富でない)人生経験が大事だとも聞くので、ますます縁遠いものに感じる。

そういう人間でも気負わずにできるのが、ダウジングの長所の一つなのではないかと思う。不思議なものではあるが、水脈だとか地雷だとかを見つけるのに役立つあたり、どこか「おばあちゃんの知恵袋」的である。トウモロコシのちょうどいい調理時間や大きい魚の釣れる場所を調べることもできると、上で挙げた本にも書かれていた。たぶん他の占いは、そういうことを尋ねられたりしないんじゃないだろうか。

 

ちなみに、バランスが取れた重りに紐かなにかをつければ振り子として使えるそうなので、自分でも作ってみた(本についてきたものも、シンプルで丸みがあって可愛らしいけれど)。チャート(数字等書かれた紙)を使う場合は先端が尖った重りでないと答えが判別しづらいそうだが(まだそちらは試していない)、一応問題なく使えているように思う。

 

f:id:togenokusa:20141121110247j:plain

重りには石を使った。気に入って買ったものの、そもそもアクセサリーをほとんど身に着けないので持て余しがちな大きめの石のビーズ。薄いドーナツ型×2(アマゾナイトとオニキス)と、角を削った円柱みたいな形のもの(カーネリアン。細い皮ひもが通るくらいの穴が空いている)。手元に好みの色や太さの紐がなかったので、これらにダイソーで買ったレース糸(20番。太目のものらしい)で紐を作って、穴に紐を通して結び、振り子状にする。

最初は鎖編みで作った紐を使っていたが、すぐにへたってくしゃくしゃになってしまったので(本来の用途ではないし)、四つ編みで新しい紐を作った。以前よりは強度が増したと思う。糸の端は、カーネリアンの石を通した側は二本の糸を半分に折り左右結びしてから四つ編みしたのでほつれたり毛羽立ったりしていないが、それ以外はコイル巻きしただけ。

 細長い形をした磨き小石(ハウライト)は、穴がないので石包みにした。紐で網のようなものを作って石を入れる。

 

 

今回作ったものはほぼ石とレース糸だけでできたシンプルなものだが、本気で作ろうとするとワイヤーアクセサリーや銀細工を勉強する必要がありそうなので、今はこの辺でとどめておく。