刺草の雑記帳

好きなもののことを書き留めるブログ。刺す草と書いて「いらくさ」。

今週の植物 6月第2・3週

 

 しばらくさぼってしまったので、2週分まとめた。

 

2週目

  • かれこれ十数年前から植えてあるはずのカスミソウ(宿根のもの)が、今年も咲いた。かよわそうに見えて結構丈夫。
  • ペリカムとビヨウヤナギがよく似た花(サイズは違うけれど)を咲かせている。
  • 「花目当てで買ったサボテン2号(以前ここに書いた方は1号。ピンクの花が咲く)」に赤い花が咲いた。2号はおそらく「白檀」という品種のサボテン。白い細かな棘の生えたサボテンで、花の赤がよく映える。
  • フェイジョアが開花中。赤いおしべが目立つ花。一本の木だと実がつきづらいとのことで、これも別の木に咲いた花の花粉をつけた。
  • 4月半ばに植えたチューベローズがついに芽を出す。
  • カキの木に小さな実が。近所のイチョウの木の下にも緑の銀杏が落ちている。
  • しばらく前まで順調に伸びていたホップが元気を失いつつある。枯れてなくなりはしないものの、暑さにはやはり弱いようだ。

3週目

  • ペリカムが実になりつつある。黄色い花とうっすら赤く色づき始めた実が混在。
  • ネムの木にピンク色の花が。オジギソウの花となんとなく似ていた気がして検索してみたが、ネムの花は広がり気味の刷毛のような形で、オジギソウの花は毛糸のボンボンのような形だった。結構違う。
  • ネジバナが芝生の中で花を咲かせている。風で揺れると、引っぱったりした後のばねがびよんびよんと振動しているさまを彷彿とさせる。
  • 家のプラム、ブルーベリーが採れ始めた。
  • アオジソが葉を摘める程度に成長。去年のこぼれ種が思ったより育ってくれた。
  • フダンソウを蒔いてみた。茎がカラフルな菜っ葉で、夏でも収穫可能とのこと。
  • クチナシの花の匂いがする。