刺草の雑記帳

好きなもののことを書き留めるブログ。刺す草と書いて「いらくさ」。

今週の植物 5月第3週~黄色いバラを思い出す~

 

それなりに花好きなつもりだが、花言葉には詳しくない。

花言葉というものがあると知った頃、我が家には黄色いバラが植えてあった。

品種などはわからないが、柔らかな色合いの黄色いバラだった。花びらのしっとりした質感や、良い匂いがする花だったことを覚えている。

当時、あの花花言葉が「嫉妬」だと聞いて少なからずショックを受けたのだ。この花のどこを見てその言葉を与えたのか、と。それを未だに引きずっている気がする。本当は、黄色いバラにもいい意味の花言葉があるようだけれど。

 もし、あの頃家にあったのが赤や白のバラだったら。私は花言葉に詳しくなっていただろうか。あちこちで咲いているバラの匂いを嗅ぎつつ、そんなことを考える今日この頃。

 

  • 道端にマツヨイグサヒルザキツキミソウが咲いている。どちらもパステルカラーで可愛らしい。
  • ノバラも開花中。小さくて白い花が初夏らしくて好きだ。
  • 散歩中にくっつきむし発見。とげとげした実がつくもの(白っぽい花もまだ咲いていた)。色々な草がそう呼ばれているが、今回見つけたのはヤブジラミもしくはオオヤブジラミというらしい。
  • あちこちでクワの実が赤く色づいている。食べてみたいが、「食べどきがわからない」「赤痢がどうのと言われていてちょっと怖い」等の理由で食べたことがまだない。見かけるたびにそわそわしている。もう少し熟して黒っぽくなったら食べてみようか。
  • サクランボとイチゴがカラスの襲撃を受ける。
  • キウイの花が咲いたので、雌花に雄花の花粉をつける作業。
  • ルバーブ、青虫に葉を食われる。黒い小さな虫も来ていたが、そちらはダイコンハムシとやらのようだ。人間の食用に適さない成分が葉に含まれているはずなのだが、虫はおかまいなしである。だいぶ食われたが大丈夫だろうか。
  • 祖母が育てているソラマメ、キュウリ、ズッキーニが採れはじめた。なんだかんだで収穫される前のズッキーニを見たことがなかったのだが(もう何年も前から家で作っていたけれど)、ぼんやりと思い描いていたのとはだいぶ違う姿の植物で衝撃を受けた。なんだあの茎の太さ。
  • アサガオのこぼれ種が発芽。
  • 週末にバラを見に行ったりハマヒルガオを見に行ったりした。一人で。